福井では不動産投資が人気になっています

不動産自体は住まなければ荒れ地になり、しかも固定資産などの維持するための費用がかかってしまいます。そこで不動産投資を行えば、不動産から定期収入を得ることできることで、生活自体を豊かにすることも可能です。福井も近畿・中部圏の大都市にアクセスが豊富な点と、将来的には新幹線が運行することで拓ける可能性を秘めているため、マンション経営などの投資を行い、定期収入を得ながら、資産価値の上昇を狙ってみるのも良いです。特に今後は新幹線の最寄り駅となる地域の資産価値の値上がりが期待でき、その波及効果として県内全域に浸透していくと予測できます。こういった事情から将来を見越した投資も盛んとなり、さらには不動産会社でも収益物件用のマンションを販売する業者も幾つか存在するほどです。また地元だけでなく県外からの投資も増えている傾向が見られます。

新幹線の運行と原発立地の影響も地価に影響

福井県内で不動産投資を行う上での重要な視点は、新幹線と原発立地の視点です。まず新幹線は沿線の大都市へのアクセスが可能になることで、その駅の利便性が向上することで地価の値上がりが期待できます。そのため、駅周辺の地域の土地を投資すれば、その土地の地価の上昇が見込まれます。原発立地に関しても、将来的に稼働が見込まれれば、多くの業者がその自治体に訪れる形になるため、街全体の活性化をもたらす可能性があります。そのため、そういった業者の方が住む住宅の確保の必要性に迫られるため、自ずと地価も上昇する可能性も高いです。またオリンピック開催に伴い、多くの外国人観光客が日本に訪問されます。日本に訪問する上では大都市圏の宿泊場所に限りもあるため、福井などの地方部での宿泊が増えると予想され、オリンピックの開催も追い風です。

不動産投資を行う上での相場について

福井で不動産投資を行う上では、マンション物件そのものを購入する形で取得するのが一般的に行われます。それ以外にも分譲マンションの一室に対して行われるケースも存在しますが、その数にも限りはあります。マンション物件そのもの販売価格としては、ネットでの公開物件では5,000万~1億5,000万円の範囲での相場が多いです。また現在、入居者が存在する状態で販売することも可能なため、継続して収益を上げることも可能となります。なお販売価格が高い物件の特徴は、現在の利回りが15%を超える高い点と駅からも近い、リノベーション済などの付加価値が高い点が見られます。不動産屋の管理業務委託料についても家賃の5%と設定されることが多いため、十分、投資を行える物件も比較的多い特徴となっています。