福井で不動産投資を行う時に気を付けること

福井でも最近は都市化の傾向が強まっており、駅前などの立地では高層マンションが建設されています。御高齢者の中には年齢を重ねると一軒家の建物管理やメンテナンスが難しくなるという理由から、その家を手放して、マンションに移り住まれるケースも多く、需要も増えている傾向があります。不動産投資ではマンション運営が多くなっていますが、一定の好立地の物件には需要があり、相場も上昇傾向があります。一方では駅前以外の場所では需要もそれほどなく、なかなか借り手が見つかりにくい点もあります。そういった点から実際に投資を行っても、最初に計画していた通りに借り手が見つからない状態になることも多いです。また借り手が見つからない状態のまま、建物自体が劣化して初期投資を回収できない恐れもあるので注意が必要となります。

必ず現在の高利回りの状態を維持できるとは限らない

福井で不動産投資のための収益物件を探す上では、年利が何%であるかを押さえる必要があります。高利回りに分類されるのは目安として建物価格の10%を見ると良く、この10%とは10年間あれば初期投資の回収が見込める金額です。実際には多くの収益物件では年利10%を切ることも多く、比較的に人気の高い物件で9%前後、あまり人気のない物件だと7%前後まで落ちることもあります。多くの方は現在の利回りを見て購入することが多いですが、例えば現在は高利回りであっても将来は解らない場合も多いです。また建物も10年を経過すると傷んでくる可能性もあり得ます。そのため修繕の必要が生まれると経費もかかってしまうため、投資してもなかなか回収に至らないことも多いです。高利回りだけを重視して収益物件を選択することは必ずしも優れていると言えません。

入居者の移転のサイクルが都心より早い

福井で不動産投資を行う上で必要な考え方については、まず入居者の移転のサイクルが早い点があります。その理由としては、持ち家率が高い水準にあり、賃貸に住むよりも一軒家を建築して住みたいとする人の割合が多いためです。都心の場合だと借りているマンションが好立地などの事情が存在すれば、なかなか移転を検討するというのはないです。しかし福井の場合であれば住まいに対する拘りが強く、より良い条件のマンションなどに移転したいと考えている人の割合も存在します。最初は満室に近い状態で借りている人が多くても、5年経過すると半数に減少するといったこともあり得たりします。また一度、退出してしまうと人口が少ない事情もあり、なかなか借り手が見つからない現象も起きます。よって賃料の再設定や価値を高める設備などの取り付けを行う工夫が必要となります。